旦那 朝帰り 浮気より重症状態

「旦那 朝帰り 浮気されてます!何とかせー!」えっと…。スイマセン。幾つかお伺いしますね。まず、私は占い師。どうしてそんな無縁な話を?

「無縁じゃねーよ!覚えない?この美女を!」へ…、うーん、この女は全く見覚えが…。まさか、先週来られたお客さん?

「そう!あの時、占ってもらった!ね、関係あるでしょ?」はぁ…。「あん時、またいらして下さいと最後に言ったじゃない。なので着たんだけど」

いや、それは社交辞令で、おまけに占いをするとゆう意味。「旦那 朝帰り 浮気が、めっちゃ深刻。どうすれば良いかアドバイスください!」

「占いで?」「はい!」了解、まず手相から「いえ、その必要はありません」は?

「こんな事もあろうかと、旦那 朝帰り 浮気がどんな結果になるか、見たわけ。もちろん独学。だから不要」

えー、じゃここへ来た理由は?あなたも不可解すぎ、大分変。「とにかく、旦那 朝帰り 浮気対策を、アドバイスお願い!」困った客、もう最低最悪レベル。

結婚披露宴が思い切り台無しに

結婚披露宴が台無し。「待て、違う!これには深い訳が!」聞こう。さ、教えて頂戴。何故二時間も遅刻を?

「実は…此処へ来る途中、見知らぬ老婆が路上で倒れており」介抱し、病院へ送った末に感謝され、付き添いまで…、もうこんな時間。遅刻だー。と?

「そうだ」馬鹿、前も聞いたわ。嘘八百を並べ、未来の妻を愚弄する気?「本当さ!結婚披露宴をぶち壊し、君や親類縁者、友人へ迷惑をかけるメリット、何処に?」

さあ、貴方がまともに結婚披露宴すら出来ぬ、糞野郎な事は明白。「くっ。汚い言葉遣いは、よせといった筈!」

そっちこそ、これで何度目?三度も結婚披露宴をキャンセルされた、屈辱。私への侮辱と受け取らせて戴くわ。

「くっ傲慢だ。欺瞞にも程がある!真実から目を背け、どうして僕を糾弾出来る?」お願い、そろそろ疲れたの。もう帰りましょう?「じゃあ家へ…」待って。

「ん?」別々に、違う場所へ。「どういう事?」実家へ戻るの。「なっ!じゃ、式は?」中止よ。交際そのものをね…。

一人暮らしがきっかけに豹変

まあ。あれ以来、しょっちゅう来るわね。「誰が?」兄貴。「え?一人暮らしの妹宅へ?」うむ。「何故?」求婚しに。「求婚!?」

ママは知らぬ訳?最近、ちょっと変な話でさ…兄貴、異常なんだ。「えと、何時から?」大分前ね。もう数か月以上、つけまわされてる。

「嘘?例えば?」毎日部屋の前、来て居座り、ずっと叫ばれてるわ。「変質者ねぇ」一人暮らし、心配だから守る!とか色々。正直、最悪よ。まだセールスの方が良い。

「他は?」私が出したゴミ漁りは、当たり前。出掛ければ、必ず後ろにぴたりと張り付くのが、習慣。

「ちょ、どーゆー状態よそれ。昔、貴方達、仲良かったじゃない。何故そんな展開に?」さあ。私が一人暮らし始め、これはチャンス!と感じ…実行?異常すぎ。

「はぁ。娘、息子がそんな馬鹿な事を…正直、ショック」待ってよ。一人暮らしやっただけ。何も悪い事は…。

「けど、誑かしたのじゃ?」ちょ、自分が原因?「真面目な息子よ。考えられるのは貴女」馬鹿な事を。

引き取り訓練の趣旨を理解してないとは

娘が通う幼稚園より、「災害時引き取り訓練を行います」とお便り。この日は午前保育で、保護者達が徒歩もしくは自転車でお迎えに行くというルールになってます。

とは言っても、皆近くのスーパーまで車、駐車場に止めてから徒歩で行くんだろうな。私も絶対そう。で、ご近所ママさんに、あい乗りする?と聞けば、するする!との答え。

そんで・・・「引き取り訓練って、何引き取るんだろうね?!」。いやいや、普通に子どもでしょ。軽く絶句だよね、この天然振り。

マジか?これはマジで言ってるんか?と、しばし迷うが、彼女の表情に計算は無し。毎度毎度、衝撃を与えてくださいます。

それでも、優しく説明をする親切な私。「そっかぁ!」と納得のご様子でした。

彼女と過ごせば、物凄く平和な気分に。これがきっと、癒し系だろうね。

マリーナベイサンズカジノの現地で仲違い

やっぱりさぁ、色々魅力もあるけど、かのホテルとくりゃ…マリーナベイサンズカジノだよね!「え?」そこは賛同してくれ!

「ギャンブル好きじゃん」何で来たわけ?「そりゃ、セレブだもの。チョコバーとか…ビュッフェの為?」食事じゃねーかそれ!普通にバイキング行けや。

「随分、横柄な態度とるわね」あ、ごめん。「マリーナベイサンズカジノより、食事の方が何千倍も楽しーわ」人其々だろうに、ケチつけられても困るわ。

「食事優先」分ったよ。とりあえず、二人別行動すりゃいーやろ?「何故?それじゃ二人で来る意味が…」

お互いに目的違う以上、無理して合わせなくとも。マリーナベイサンズカジノのスロット位、付き合え。「嫌」はぁ?

「ならプール行く方が良い」今冬だぜ?「あっちなら大丈夫さ、多分」畜生。あくまでマリーナベイサンズカジノ、行かぬつもり?

「当然」折角、夫が招待したとゆーに。無碍な扱い受けようとは。本当、胸糞わりぃ…。「ふん、私は道具じゃありません。好きな事以外、せぬわ」

完全にビビッた驚き体験

ぶっちゃけ、姑が苦手な私ですが、それ以上に苦手なのが、そのお友達。ものすごく、怖い・・・。

おもいっきり他人だからか、ものすごい勢いで、ズケズケと傷付けてくれます。

姑へのプレゼント、そのラッピングを破って開けるお友達さん。これ、私とその人との初めての出会いでした。

あなたへのプレゼントじゃないのに、なんでこの人が開けるんだろう??って思ったんだけど、姑も何にも言わないし・・・何なの??って思ってたら・・・

「こんなもん・・・もっと良い物あげなさいよ!」と、ピシャリ。

ビックリしすぎて、笑いを止めるのに必死だったのが、忘れられません。

そんな彼女から、初めてのメールが、つい最近届きました。『○○ちゃん(姑の事)を苛めたら、私が新幹線乗ってあんたの所に行くわよ!その顔を切り刻んでやるから!』

・・怖っ。

これには、完全にビビッた。・・・てか、苛めてないよね??

怖いけど、もしものために保存。カードにも保存。何かあったときの証拠のために。で、旦那に相談。・・・旦那もそいつが苦手らしい。

一体、どうなってんの?彼女の周辺。離れて暮らしてて、本当に良かった・・・。

出産育児一時金より多い御祝い

赤ちゃん生まれる前、すっごく不安だった。我が家の経済状況に、少々問題ありでさ。家族増えて生活出来るのか?と。

入院費用諸々、30万は最低払う。子供の物も色々必要でしょ。準備すべき物も沢山有り、生活費に困る。

出産育児一時金が入るから、病院へ払う分は取り戻せるけど。主人の給料は、家族手当付いて、ちょっと多くなる予定。

でも、それだけじゃ賄えませんとか思ってたら、周囲から頂けちゃったよ、キャッシュを。そりゃもう普通じゃ有り得ん現象。ビックリと喜びが交錯。

所謂、お祝いっつー名目。軽く出産育児一時金の額を超え、ハッピー。親や義姉、友達からさえも。義父母は、かなり奮発。

祖父母、結構金持ちだから30万もくれ、感謝感謝。これから出産育児一時金、振り込まれる予定。人生で一番金持ちになった気分。

この調子なら、あと3人位居ても良いね。その度に御祝いもらえ、出産育児一時金支給され、主人給料バカらしく感じるかも。少子化日本は、子供が居る家庭に手厚い。有難う、助かる。

私も随分と歳をとった様子

何かこういう対照的な光景を見ると、切なくなってしまう。去年はうちの親戚でも近所でも、高齢者が亡くなる事がとても多かったから。つい、いろいろと考えてしまう・・・。

「うちの家系はみんな頑丈だから♪」何て言っていられるのも、今のうちだけ。そう思うと、何でも自分で出来る現在の時間は貴重だ、と思ったり。

時間はあっという間に過ぎちゃうからさ。今日も甥や姪が来ているのですが、面倒みながら思うのが、「少年老い易く 学成り難し 一寸の光陰 軽んずべからず」という朱熹の言葉。

この言葉を贈りたい。まあ、こんな事言ってもまだ分かるはずも無いけどね。

そんな君達を見てて、「いいねぇ、私もこの頃に戻りたい。これくらいから人生やり直したい・・・」等と、心の底から思ってる叔母さんのようにはなっちゃダメよ。

シノハユへの愛を感じません

まー…シノハユ。ほら、確実に言えっ事はさ。「随分引っ張るな。で、何?」えっと…まだ読んでません!「え?」うぅ。

「ちょ、あんだけ好き好き言いながら、毎日俺を洗脳し続け、挙句未読?」それじゃ駄目?好きな思い、誰にも負けません!

「負けてるわ馬鹿。シノハユ、手にとってすらねーのに、人へススメた」買わせ、あわよくば貸してもらおうと…。

「最低な発想じゃねーか!全然シノハユに、愛見えんぞ」そう?「当たり前だろ。貢げよ」貢ぐ発想が…。ほら、目的達成出来ればALL OKじゃん。

「人に買わせ?」YES!お金、大事!漫画揃える余裕、NO!「急に何馬鹿な事を…。漫画も大事やぞ?何度も繰り返せ、シノハユ含め、集める価値っと思うぜ?」

当然よ、けど私、もっと違う事にお金使う!「例えば?」そりゃ…ゲーセン?「えー、一番無駄遣いじゃ」どうして?必要、滅茶苦茶面白しれーよ!

「形に残らず、後々後悔」そーゆー発言禁止!「本気?でもそれ、マジ…」聞こえなーい。

新規開拓の必要性を再確認

たまにしか飲み行かないと、どうしても同じ店に偏る事が多い。理由は、失敗したくないからだ。せっかく飲みに行くなら、美味しいものを食べたいと思うのが、当たり前。

しかし、最近の数たるやハンパじゃありません。今までは行っても、せいぜい月に1、2回。

それがこの夏に限っては、もう1ヶ月以上先まで、最低でも週1ペースの予定がビッシリ。暑さに負けた、突発的なやつも想定すると、週2は固い。

こうなると、せっかくだから色々な店に行ってみたいと、欲が出る。そこで今回選んだのは「炭アジト」という居酒屋。

料理のジャンルは、和・洋・中と様々。あまりこのテイストは好きじゃないけど、たまには中間値も良いだろう。

接客や食べ物の質も、全体的に悪くなかった。中でも「チーズステーキ」は絶品。つい延長してスパークリングワインを、飲んじゃった。やはり、お開拓は必要だ。